独学で不動産鑑定士試験に合格するには?

不動産鑑定士になるためには?

不動産鑑定士は、不動産の価格を鑑定評価する専門家です。
不動産関係では最高峰の資格で、一般に、年収・給料が多い職業といわれます。

 

不動産会社やコンサル会社などで経験を積み、独立開業することも可能です。

 

不動産鑑定士になる一番の近道は?

不動産鑑定士になるには、国家資格である不動産鑑定士試験に合格するのが第一歩です。

 

国家試験に合格する方法には、

  • 専門学校(資格取得予備校)へ通う
  • 専門学校の通信講座(通信教育)を受講する
  • 専門学校のノウハウを詰めた参考書で独学で勉強する
  • 不動産学科のある大学へ進学する
  • 不動産に関する資格を難易度の低い資格から順にレベルアップさせていく
  • 本屋さんで販売している書籍で独学で勉強する

などの方法がありますが、一般の本屋さんから入手できる書籍での独学は難しいといわれます。

 

 

不動産鑑定士試験に合格するには、専門的な学問を学べる環境を作ることはもちろんですが、
一番の近道は、ノウハウの詰まった参考書で集中的に学習をすることです。

 

そのためには、専門学校に通うのもいいでしょうし、通信講座を利用するのもよいでしょう。
詳しくは、試験に合格するための勉強方法で解説しています。

 

 

専門学校では、
通学講座をのほかにも、通信講座やオリジナルの参考書・問題集などが用意されていますので、
全国どこでも、仕事している方でも効果的にポイントを抑えた学習をすることが可能になっています。

当サイト 「不動産鑑定士になるには?」 は

当サイトでは、不動産鑑定士になるための方法や資格取得、定評のある専門学校や合格率、
就職、年収や給料のことなどについて解説しています。

 

平成18年度(2006年度)の試験制度改正により、鑑定士になるための門戸も広げられています。
難関資格といわれますが、効果的な学習をすれば、決して狙えない資格ではありません。
不動産鑑定士になって、不動産の専門家としてぜひ活躍してください!